メボソムシクイ, Arctic Warbler. Phylloscopus borealis.

渡り鳥

メボソムシクイ, Arctic Warbler. Phylloscopus borealis.

メボソムシクイ 学名 Phylloscopus borealis

Distribution

日本(本州・四国・九州)の亜高山帯の針葉樹林や落葉広葉樹林で繁殖をおこない、冬季になると中国南西部・台湾・フィリピン、インドネシアに渡り越冬している。

日本の南西諸島南部では少数が越冬した記録がある。

形態

全長13cm

上面はオリーブ色で黄白色の眉斑があり、大雨覆と中雨覆の先端わずかに灰白色がある。下面は淡黄緑色で、渡りの時期に日本を通過する亜種のコメボソムシクイとされるものは下面の黄色味は弱くオリーブ白色である。

メボソムシクイ 動画1

Arctic warbler (Phylloscopus borealis)

Distribution

Arctic warbler (Phylloscopus borealis) spreads in coniferous trees and deciduous broad-leaved forest of the Japanese (Honshu, Shikoku, Kyushu) subalpine zone and I cross it in Taiwan, the Philippines in southwestern China, Indonesia when it becomes in the winter season and winter.

There is the record that a few wintered in the southern part of Japanese South-West Islands.

Description

13cm in total length

In Arctic warbler, the top surface has yellowish white eyebrows spot with olive color, and the tip of the rain-cover is slightly it in light gray among large rain-covers. The undersurface is a chartreuse, and the yellowishness of the undersurface is weak, and the thing assumed Phyllocopus borealis borealis of subspecies to pass Japan at time of the ferry is olive white.

Arctic Warbler 動画2





       ↓ ご覧のサイトが簡単無料で作成できます ↓







憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ