メジロ捕獲、違法飼育の疑い 京都、70代2人書類送検

野鳥NEWS

メジロ捕獲、違法飼育の疑い 京都、70代2人書類送検

メジロ捕獲、違法飼育の疑い

京都府警宇治署は16日、野鳥のメジロを違法に捕獲、飼育したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで宇治市の男性(78)と同市の男性(73)をそれぞれ書類送検した。
 書類送検容疑は、78歳男性は自宅の軒に鳥かごを仕掛け、2016年12月と今年3月にメジロ1羽ずつを捕獲、他に2羽を入手し、計4羽を自宅で飼っていた疑い。73歳の男性は15年12月に自宅ベランダに鳥かごを仕掛けてメジロ1羽を捕獲、他も入手し、メジロ3羽とオオルリ1羽を自宅で飼っていた疑い。
 同署によると、6月に府に通報があり、発覚した。2人に面識はなく、それぞれ「趣味で飼っていた」などと容疑を認めているという。捕獲以外の入手経路は分かっていない。
 メジロの保有は許可制で、趣味のための捕獲は原則禁止だが、違法な飼育が各地で発覚しており、5月には大阪府警が鳥獣保護法違反の疑いで府内の住宅12軒を家宅捜索している。

出典 http://headlines.yahoo.co.jp

鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)

わが国には、「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」という法律があります。これは、野生動物を保護することによって、生物の多様性が確保され、生活環境が守られ、農林水産業も発展し、これらを通じて自然環境の恩恵を受ける国民生活の確保を目的としています。この法律における鳥獣とは、「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」のことをいいます。
 そして、鳥獣保護法においては、鳥獣は原則捕獲が禁止されています(同法8条)。もっとも、狩猟鳥獣の捕獲は認められており(同法11条)、狩猟鳥獣に該当するものについては、

捕獲者が狩猟免許及び登録を受け、鳥獣保護区や休猟区外の地域で、狩猟期間であれば、狩猟による捕獲をすることができます。

出典 http://legalus.jp

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう